タントグスト!
「うちの子がかわいく見えるクマ」のタントグストくんというクマのぬいぐるみの制作・販売をしています。店長日記です。

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



プロフィール

さくまりえこ

Author:さくまりえこ

TANTOGUSTO!(はじめまして!)

《うちの子がかわいく見えるクマ》
「 タントグスト 」 の店長です。
クマのぬいぐるみ製造・販売中!



最近の記事



カテゴリー



月別アーカイブ



タントグストくんのお店だよ!

うちの子がかわいく見えるクマ

ラベル

出産祝い・ギフトにも最適 清潔・安心の洗えるクマのぬいぐるみ タントグスト



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



QRコード

QRコード



FC2カウンター



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絵になったよ♪

s-影 (2)

旅に出てすぐ

問題がおこった。

自分以外に「タント」を名乗るものがあらわれたのだ。

ピンチ!

旅は始まったばかり・・・

さあどうする!?

スポンサーサイト

商標登録!?

はじめは手作りぬいぐるみの販売のつもりでした。

しかし起業にむけて進んでいるうちに
キャラクタービジネスになる事がわかりました。

そうなるとニュースの映像が頭をよぎる。
ある国の国営遊園地でディズニーキャラクターはもちろん
ドラエモンやキティの偽者キャラクターたちの大行進。

タントくんを守らなければ!
知的財産権について弁理士さんの所へ相談に行きました。

ロゴや名前は 商標登録。
デザインについては 意匠登録。
キャラクターは 著作権で保護される。
(著作権はそのキャラクターにストーリーや心がある場合に発生する)

さあどうする!?
商標登録・意匠登録には費用がかかります。
決して安い金額ではない。
私の起業魂が試されているようです。
「タントくんが絶対 人気者になる!」と思わなければ先へ進めません。

わたしが考えている間に
タントくんは著作権の旅に出て行ってしまいました。
しばらくの間、ブログにタントくんの写真はありませんが
すぐに帰ってきます。
パワーアップしたタントくんを楽しみにしていてくださいね♪


生まれてはじめての友達 タントくん

s-IMGP0082.jpg

タントくんの始まりは 子供と描いたクマの絵でした。

その落書きを ぬいぐるみにしてみました。


うちの子は喘息なので 

化学繊維でできた ぬいぐるみは持たせたくありません。

でもタオル地でポリエステルの綿を使えば洗えます。

ハウスダストやダニの心配はなくなり清潔です。


肌触りも良いので寝る時も一緒。

話しかけたり、戦ったり、遊んでくれます。

時には「タントくんはピーマンたべられたよ」としつけのお手伝。


幼稚園に入園して3ヶ月、まだ泣きながらバスに乗っていました。

勇気がでるよう親友のタントくんを幼稚園バッグにつけてあげました。

そんなうちの子はもう11歳(男子)。

さすがに一緒には寝ませんが 

どうやらまだ大事にしてくれているようです。

なんども洗濯されてくたくたのタントくん8歳です。


生まれてはじめての友達。

くたくたになるまで 一緒にいてもらえるタントくんを製作していきたいと考えています。


s-IMGP0076.jpg

女性起業サミナー入門の最終日(6/30)にSWOT分析を発表しました。
企画名は「ダンス衣装《ヘソ出しあります》」でした。
またこれもふざけた企画名だと思われるでしょうが
いつだって真面目です。
ヘソ出しを製作していて6年目になります。

最初は「Tシャツの縫製&プリントを1000円で」というお願いからはじまり。
三年目から本格的な衣装になりました。
「上下で3000円、モーニング娘のようなアラビア風で、ヘソは出して」
・・・きびしい。
ほとんど布代だ!
同じお母さんとしてはあまり費用はかけたくないのもわかる。
ネットで安い布の問屋を見つけることができなんとか縫製料がでるようになったが
でもこれはボランティア活動に近かった。

その後、少しづつ理解してもらえるようになり
予算もあげてもらい、人数も増え、なんとか採算があうようになってきました。

衣装の場合
「予算1人○円、イメージ、ヘソ出しで」とお題がでます。
なんとか利益をだすには、
・布の仕入れ価格
・縫製を考えたデザイン(縫製工程をできるだけ少なくする)
を考えて商品を製作します。
まず最初にお客様(ダンスの先生)のニーズがあり
そうやって仕上がったものは
一度に大量に全部売れるのです。

衣装は「なぜ私がやるのか?」がわからないといわれました。
そう言われても説明できるようになって再チャレンジするのが本物だと思う。
自分の思いはそんなものなの?試されている気もします。


タントくんの場合
まず商品が先に完成しています。
これは私の考えで製作されたもの。
誰にどれだけの数がうれるのか見当がつきません。
こみやま先生が「数字を出すように」と言うのはそこの所でしょうか

SWOT分析の撤退をTANTO GUSTOにしていながら
「うちの子がかわいく見えるクマなんです」と熱く語っている自分にびっくり。
計算されたキャッチコピーではなく興奮して事実を説明していただけだったのです。
みんなの前で発表したからこそ生まれた TANTO GUSTO です。

TANTO GUSTOに決めたのは アイデアがいっぱいでてきて自分が楽しいからです。
企画がたまご塾の審査に通ったからと言って安心しているわけではありません。
思いつきで行動していた頃の 儲かってない記憶もあるし・・・
その不安を一つずつ埋めていって自信あるものに変えて行きたいです。

ダンス衣装も自分が製作した衣装を100人がかっこよく踊る姿を見て感動!
オーダーがあるかぎり がんばりたいと思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。